2012年 02月 28日

愛機

d0200841_18372863.jpg



タイトなシートにおしりから滑り込ませてドアを閉める 

ドン!

ちょっと重いシフトレバーを D ドライブに入れるとスタンバイ
ブレーキペダルを放すと普通のAT車のように前へ出ようとはしない

ちょっとエンジン回転を上げるととても上品にクラッチを繫ぐような感覚でスタートする
そう、この車のトランスミッションはDSG(いわゆるツインクラッチ)なのです

シフトアップ、ダウンはステアリングのバトルシフトでもアクセルでもシフトレバーでもチェンジできる

お好きなように!

証明ON、室内に点る赤色のLEDは体全体を包み込むように照らす

初めてこの車に乗った印象は、
設計者が自分の作った車に相当な自信を持って向かい入れてくれるような気分のいいものだった

思わず設計者のニヤリと微笑む顔が浮かんだ
そして、5年経った今でも乗るたびにその新鮮な感覚に心躍らされる

いままで乗った車で ド、ノーマルのまま乗っている車はこれだけ
何故かリヤタイヤが踏ん張る姿が
家の M シュナウザーの後ろ足とラップして見えるのは 

自分だけだろうね~:-P。
[PR]

by yonmaruichi | 2012-02-28 19:12 | モノ


<< 見て!      さあさあ どこへ行く >>